推し

多和田さん主演ドラマ「人生公演、リハ日」感想とダイマ

推しこと多和田任益さんが!地上波ドラマ初主演でした!!!!おめでとうございます!!!!!!ワーーーーーーーー!!すごく嬉しい。

「100文字アイデアをドラマにした!」というドラマの第8話「人生公演、リハ日」です。

先に言っておくと3月31日いっぱいまでTVerで観られます!以下ネタバレ含みます。

「100文字アイデアをドラマにした!」とは

テレビ東京で2020年1月から放送されている『note上で「テレ東で観たいドラマ」を100文字で募集し、投稿していただいたアイデアの中からテーマを決定。さらに、そのテーマにそったシナリオを募集し、その中から選ばせていただいたシナリオをもとにドラマを制作します。』というコンセプトの番組です。

今回、元になった話はこちら

人生リハーサル

他の人がどうかは知らないが私は毎日が二回ずつある。一週間でいうと、月月 火火 水水、と計14日で構成されていて、同じ出来事が二日続けて起こる。一日目はリハーサル日なのだ。悪い事が起これば本番はそれを避ける。良い事なら繰り返す。リハーサルのある人生は人より幸せになれるのか?

恋愛、サスペンス、コメディなどさまざまなジャンルの物語を放送するらしい。その中でもサスペンス回に推しが選ばれるなんて……最高としか言いようがないな???

闇が深い役

冒頭の「その人生、やり直したくはないか?満ち足りた人生を味わわせてやるよ」はファウストの一説でした。あの光の当たり具合が「ひだまりが聴こえる」を彷彿とさせて、でも表情がより固いというか闇を感じるものだった。

全編を通して、あの闇が深い表情がよかった。意味深に兄を失った陰、リハ日持ちだからこその「他の人間とは違う」‬という選民思想、人生がうまくいっている・これからもうまくいくという確信からくる優越感、恋愛も人間関係も思い通りに動かすことができる傲り、色々な感情があらわれた、お芝居という意味で良い感じに嫌な闇が出ていた。

自分より高ランクのリハ日持ちを超えるために他人の命を奪おうとする狂気の行動に出たときの次郎の顔〜!テレビの多和田は狂気を出しがち1)例:不機嫌な果実〜!悪い方向に拗らせたお芝居が好き〜!薫に手を下すという悪巧みが成功したときのあの極悪の顔……あのくだりを思い出すだけで1週間は生きていける(は?)。

身長185cm・脚の長さ3mの脚長芸2)舞台天てれで確信した芸風。脚が長すぎて観客を騒つかせたを持つ推しの、悪い顔でしゃがみ込んで相手を覗き込む、いわゆるヤンキー座りの推し、良すぎませんか……?まず脚が長すぎない?脚が長いのと細いのと黒のピタめボトムスと相まって良すぎたな?わたしはこの話の中でこのシーンの推しが一番好き。あの鬱々としたファウストも良き。いつもはキラキラお目々なのに、ああいう重い役のときには消える瞳のハイライト。冷たくて低い声。たまらん。

ここ最近は多和田任益本人としてのトーク番組を浴びる機会が多かったせいか(先日の文ストニコ生は確実に引き摺ってた)、次郎のようなテンション低めにボソボソ話す役を久しぶりに見て、妙にドキドキしましたね……好きな子の前では快活に話すのに、相手によっては「あ?」とか「は?」とか敵意剥き出し。ああ〜^^

次郎って時点で二男だし「お兄ちゃんがいる」設定はTwitterで聞いていたので「弟属性!?はあはあ」とテンション上がっていたけど……リハ日持ち特有のクールさ、用意周到さによって弟っぽさは全くなかった。ただし制服姿を拝めたことは本当にありがとう

スポンサーリンク

凝縮されたミステリーサスペンス

TVer的に正味37分間にサスペンスがギュッと詰まっていて、どうすんのどうすんのとハラハラドキドキしながら観てたらあっという間だった。2周目でも同じ感覚だったから不思議。推しの顔の良さを堪能するのと、話を理解するのとで必死だからかな←

とととととところでキスしてましたな……。予告で見せられてたし全然大丈夫……。それこそ予告という名のリハーサルがあったおかげで軽傷です!←なぜ予告の時点でキスを披露した!?と思っていたけれど、たわだオタクのためにリハを設けてくれた説←は?

どちらかというとこのキスがハッピーなものではなく「とりあえずリハ日にかましてやろう。失敗したら本番でやらなければいいだけ、成功したらそのまま同じことを繰り返せばいい」という打算的な試し行動だったことに注意が向く。次郎~!打算的な奴~~!

松本岳さんの薫

薫は、リハ日にまみれた自分の人生を終わらせたくて、他のリハ日持ちに自分を頃させるように仕向ける。やっと見つけたリハ日持ち、それが次郎だった。

最初は「薫は嫌な奴だな」と感じたけど、薫も辛かったんだなあ。そもそも最初にリハ日を獲得した経緯も地獄だし、その後意図せずリハ日が増えてしまい、自分で終わらせたいと悩むほどに苦しい人生だったんだろう。妙に達観した様子も、余りあるリハ日のせいだったんだな。

途中で唐突にボーイズラブ(だよね?愛する人が俺って言ってたよね?)が組み込まれていて、なぜここで!?と思ったけど、同性の恋愛も普通だからいいよね。

岳くんの、ミステリアスな雰囲気を纏った役がはまっていた。これは褒めてるんだけど、岳くんって、鼻につく嫌なやつの役がうまいんだな……いや、褒めてんのよ!?

リハ日持ちってどうやって探したんだろう。大変だったろうな、それこそ本番が来るまでに膨大な時間があるんだから「妙に勘が良い奴」「高学歴」「成功者」に近づくのかな。次郎に目をつけてからも、何度も何度もリハやって、次郎の人生の邪魔をして敵意を向けさせるために何が有効か探して、恋愛に目を付けて……。

薫が死ぬ間際の「ありがとう……」が切ない。この瞬間に察してゾッとした。次郎を煽りまくって隙だらけだなこの子はと思ってたけど、仕向けていたとは。

スポンサーリンク

リハ日持ちの人生をやめる方法

リハ日持ちは自死できず、リハ日持ちはリハ日持ちにしか頃せない。

自死しようとしてもできないってどんな状況なんだろうな。一日が終わったとみなされて次のリハ日が始まってしまうのか、その日がやり直しになってしまうのか(正式なクロージングではないのでノーカウント扱い)、気になる←こういう考察をしたくなるような良い設定の話

薫はリハ日を3日くらい持ってるのかな?と思わせておいて、1年以上も持っていたなんて……いやいや薫、そんなに次郎にけしかけたらやられるぞ?どうした?というのが伏線だったなんて。ラストが最高に面白かった。サスペンスにホラーみのある話。何箇所かゾクっとする場面があって、え、ウソウソウソウソ?嘘?と思いながら楽しめた。

「人生をやり直せたら」というテーマの話はたくさんあるし、誰しも考えたことがある題だと思うけれど、本当に人生がやり直せたとして、果たしてそれは幸福なことなのか?と考えさせられる話だった。

一定期間のループから抜け出せない、何度繰り返しても望む未来に行き着けない、とか色々な行き先はあるけれど、この話のように、毎日のループから抜け出せないエンドも辛いな。オタク的に言うとハルヒのエンドレスエイトみたい。いつ終わるのか分からない恐怖に精神が削られる。

広川さんの役(すみません役名が分からない)、リハ日持ちの条件について「この人が言うならそうなのか」と思わせるような謎の女感が凄い。薫はこのときは「リハ日持ちから命を取ると同時にリハ日も得る」と知らなかったんだろう。そして意図的に1年以上のリハ日を背負わされた。広川さんの役、最期に「ごめんね」って言ってたもんな……。最初は「嫌なことをさせてごめんね」だと思ってたけど、2回目で分かった、リハ日を負わせてごめんねってことか……しんどい。

リハ日を獲得した次郎

次郎は、薫がどれだけリハ日を持っているのか分からないうちにリハ日を引き継いでしまったから、リハ日を何日過ごせば本番が来るのか分からない。今までは明確に「一日リハ日、一日本番」だったけれど、今は何日目が本番なのか分からないから、最善の人生を歩むためには毎日本番のつもりで生きなければならないし、それでも翌日も同じ日で「昨日はリハ日だったのか」とようやく知り、それを繰り返す。そりゃ無気力にもなるし「生」に意味を見出せなくなる。

命・不死はさまざまな議論があるが、鬼滅の刃に出てくる不死の鬼や、わたしの好きな舞台「TRUMP」(突然TRUMPを捻じ込む)(まさかの劇作家被り)(末満さん大好きマン)などにおける「終わりがあるからこそ生が愛おしい」に行き着く。薫の言葉を借りると「少ない時間をやり繰りしてこそ楽しめる」のであり、膨大な時間があり、その日の終わりがいつ来るか分からず、自らの手で終わらせることもできない、そんな人生になってしまうというバッドエンド。つらたん。

次郎も、この長すぎる人生に耐えかねて、他のリハ日持ちに懇願するのかと思うとしんどい。

それにしても「リハ日持ち」って言葉の語呂が良いよね。SPECホルダーとかスタンド使いみたいな、異能力を持つ者をあらわす言葉として◯◯持ちって言うのか妙にハマった。

貴重な推しの姿3選

個人的に貴重だと思う推しの姿です

  • 顔面クリームパイ(泡?)をキメられる
  • 高校生の制服姿
  • キキキキキキキキキス

大学生の次郎がリハ日を持っているということはリハ日を獲得したのはそれ以前ということなり、その回想が高校生時代だったという!制服制服制服制服制服制服制服制服(このときわたしは「久しぶりの制服♡!?」と舞い上がっていたが、よく考えたら12月に制服を着てた。キョムサンは記憶から抹消されていたらしい←)

あとキスはあれよ、ひだまりが一番良いから……

2月22日の撮影だそうです

ニンニンニンの日に撮影してたんだなあ……

このツイート、普段は撮影の匂わせ()をあまりしてこない推しが、ニンニンニンの日に偶然欧米コンビが揃っていた事実があるとはいえ、情報解禁していないお仕事の匂わせとは相当嬉しい仕事なんだろうなと思っていたけど、ドラマ初主演で岳くんと共演していたらそりゃ嬉しいだろうなとホッコリした。

欧米コンビ良すぎるだろ。尊い。ありがとうございます。

2020年3月時点で気軽に観られる作品紹介

多和田任益さんの作品をもう少し観てみたいと思ってくれた方!多和田さんのオススメ作品を紹介するよ!

各種動画配信サービス

3月は新型コロナウイルスの影響で、会員向けサービスを無料開放する動画配信サイトが増えています。今がチャンスです……!といってもアマプラかHuluで観られるのは手裏剣戦隊ニンニンジャー関連かな?

ニンニンジャーのキンジ・タキガワはこの次郎とは違うテンション高めのキャラなので観ていて元気になれます。ニンニンジャー自体が戦隊の中でも気軽に観られる作品!とりあえず初登場回の第10話をつけてみよ?

アマプラで名前で検索しても出てこないけどガチバンという映画にも出ています。

舞台映像の放映情報

3月28日には!多和田さんの生業のひとつである舞台の映像が!テレビ放送されます!!これは本当に貴重。なんてったってDVD発売の3日前にテレビで放映しちゃうんだから(白目)(いやDVDには特典映像がついてますから、それ目当てだからいいのよ)(あと単純に課金)。

多和田さんの脚長芸、次郎とは違った役、ガンガン入るアドリブ、キレッキレでお得意のダンス、多和田さんの良い所が凝縮されたサイコーの浴びるエンタメ舞台がこのタイミングで放送されるなんて素晴らしいとしか言いようがない。観て。お願い観て。録画して。お願い!!!

3月28日よ!とりあえず録画予約しとこ?

ニコニコチャンネル「多和田任益のはねやすめ」

ニコニコ動画に自身のチャンネルも持ってます!毎月必ず1~2回放送する律儀で親切なチャンネル。課金も捗る。有料チャンネルですが、毎回最初の30分は会員でなくても視聴できるので、試しに覗いてみて!有料会員になったら過去の生放送も半年分観られて優しい!

内容は自身のオタク活動についてです。彼はガチのオタクです。でも深夜アニメオタクというわけではなく、ジャンルはポケモン・名探偵コナン・クレヨンしんちゃんなどの国民的アニメが主で……ちびまる子ちゃんやサザエさんを録画して視聴するような人で……ほら気になってきたでしょ←

多和田任益のはねやすめ:https://ch.nicovideo.jp/tawa

まとめ

深く考えさせられる内容で、観た後も心の中に残る話だった。推し主演という意味でも、後味悪め(だがそれがいい)のバッドエンドという意味でも、「リハ日持ち」という特殊な設定の面白さという意味でも、何度も思い返してはああでもないこうでもないと悩ませる。

わたしはもともとイヤミスが好きなこともあり、今回のお話はとても好みだったなあ。イヤミスとかバッドエンドって、心に残りやすい。あのときこうすればよかったのかなとか、あんなことしなきゃよかったのにとか、後悔という形で反芻する。

今までの人生で読んできた話の中で、日常でふと思い出して考える物語がいくつかある。この「人生公演、リハ日」もそのひとつになるだろう。今、次郎は今何月何日の何日目のリハ日を過ごしているのかな、と思いを馳せる。

テレビで推しが観られて嬉しかった。これが地上波放送っておまえ……金を出させてくれよ!観た後にこんなに金を出させてほしいテレビは久しぶりだよ!金を!使わせてくれ!お願いだ推し、銀行口座を教えてくれたら直接送金するから!

推しは普段は舞台の仕事が多くて「「「お芝居」」」って感じのお芝居が好きだけど、今回みたいなドラマの日常生活(特に序盤)の自然な役が観られたのが新鮮だった。ミュージカルみたいな推しばかり観てたけど、日常も良いね。この前天てれで前田公輝くんの自然体なお芝居に感動したばかりだった(推しもインタビューで言ってた)から、こういう推しももっと観たいなと思った。

尺が30分ちょいしかないから語られない部分も多くて、だからこそ深く考えることができる。この話について良い意味で「後味が悪い」って表現をしていいのかなと悩んだけど、あの横川さんも「後味の悪さがたまらない」って言ってるから良いよね!こういう後味が悪い話、だーい好きです!!!

推しを応援してくれているライターさんです

こんな鬱々とした役だった推しですが、普段は光属性、陽のオタクで眩しくて直視できないようなタイプの人間です。たまたまドラマを観て気になった方は、ぜひTwitterを覗いてください。そしてギャップで悶えてください。インスタでもいいよ。ポケモンの話ばっかりしてるから←

例です

元になった100文字アイデアの「リハーサルのある人生は人より幸せになれるのか?」の問いに答えるとするならば、NOということなのかな。

推し、最高のお芝居をありがとう!共演者、脚本家、監督、推しのキャスティングを決めた人、撮影スタッフ、マネさん、ドラマに関わった全ての人に感謝。ありがとう。

脚注   [ + ]

1. 例:不機嫌な果実
2. 舞台天てれで確信した芸風。脚が長すぎて観客を騒つかせた

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)