ルパンレンジャーVSパトレンジャー

ルパンエックス/パトレンエックス:高尾ノエルの正体は?敵?味方?考察してみた

考察【快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー】

ついに20話からルパンエックス/パトレンエックスこと高尾ノエルが登場しました!あるときは銀色の快盗、またあるときは金色の警察に変身し、快盗と警察の両方の立場でギャングラーと戦います。

そんな彼は一体何者なのでしょうか?味方でしょうか、それとも実は敵・・・?この記事でわたしなりに考察してみます。

あわせて読みたい
ルパンエックス/パトレンエックス/高尾ノエル役の元木聖也くんって誰?どんな人?PON!に出演していた!【快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー】6月24日放送分から高尾ノエルが登場します! 彼はルパンエックス/パトレンエック...
あわせて読みたい
高尾ノエルの名前の意味・由来は?
高尾ノエルの名前の意味・由来は?【ルパンレンジャーVSパトレンジャー】「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」は、6月24日放送の第20話からルパンエックス/パトレンエックス:高尾ノエルが登場...

ノエルも「取り戻したい大事な人」がいる?

25話にて、ノエルにも「取り戻したい大事な人」がいることが判明しました。快盗になった理由はそれである、と。

この「大事な人」が誰なのかは25話時点では明かされませんでしたが、話が進むにつれて判明していくと思います。

12/16 追記
ノエルの大事な人は「アルセーヌ・ルパン」であると判明しました。

「僕も快盗さ」「僕は国際警察フランス本部の人間だ」は本当?

ノエルは、快盗には「僕も快盗さ」と名乗り、警察には「僕は国際警察フランス本部の人間だ」と名乗っています。これは事実なのでしょうか?嘘をついているのではないでしょうか?

わたしは「本当」だと思います。というか警察に関しては、ヒルトップ管理官に「彼は国際警察フランス本部から来た」「ルパンコレクションの研究をしている」「VSチェンジャーとVSビークルを改造して使えるようにした」という説明をさせているのだから事実でしかない!

さらにノエルが快盗に変身する理由は、20話でコレクションを押収することについて「これが僕の任務さ」と述べているので、怪盗であるのも本当。

というかコレクションの研究者で改造できるのだから、快盗にも警察にも変身できる便利なアイテムを作ることもできるということか!

2018/7/1:追記
ノエルはルパン家に仕えるエンジニアでした。もともとルパン家(怪盗)側の人間だったようです。

スポンサーリンク

正体について

高尾ノエルの正体(本当の身分)はなんなのか、いくつか考えてみました。

7/1 追記
ノエルの正体は「ルパン家に仕えるエンジニア」でした。

12/16 追記
ノエルは人間ではない(別の種族の血を引く存在)だと判明しました。

高尾ノエル=グッドストライカー説

20話放送前は、ノエルはグッティと同じく、ルパレンとパトレンの両方の味方になり共に戦うということで、グッティの擬人化なのではないかという説もありましたが、実際は20話の巨大化バトル中にノエルとグッティが会っているということで、無しということに・・・

でもこの2人はとても仲の良い友達だそうで!?同一人物ではなかったけれど、ノエルがルパン家にも関係していることは間違いない!

ルパンコレクションの擬人化説

「ノエル=グッドストライカー説」がなくなったところで浮上するのが「ノエルはルパンコレクションの擬人化説」!?

これは考えてる時点でぶっ飛び説すぎるとは思っていましたが・・・グッドストライカーとの仲の良さを鑑みると、あながちなくもないのでは・・・いや、ないか!?

一応、説の内容としては、グッティと親しい友達だというのと、コレクションの知識が豊富ということはもしかしたらアルセーヌ・ルパンの近くにいて、知識や改造の方法について学んでいだのかも?

ルパン家の末裔説

まず「高尾ノエル」という名前。これは身分証明書(?)にも記されているので、本名だと思います。「Takao Noël」と表記されているし、ノエルは日本人とフランス人のハーフなのではないかと推測されます。(ノエルという名前はフランス人に限ったものではないですが、居住地がフランスだったので)

そうなると、このフランス人の親というのが、もしかするとアルセーヌ・ルパンの血をひく人間であり、その子であるノエルがルパン家の末裔ということになるのではないかと思います。アルセーヌ・ルパンはフランス国籍ですし!

そうなるとノエルとグッティが仲良しなのも納得できます。特にグッティの懐き方は、対等な友人というよりは憧れ・好意を感じたのですが、ノエルが自分の主の末裔だというのならあの懐き具合も分かります。

また、コレクションを改造できる知識というのも、ルパン家の人間だからノウハウを継承しているのかなって・・・

現時点では警察組織の人間ということで、身分の比重が警察に寄っている状態です。このままだと警察寄りの人物になってしまうけれどそれではバランスがおかしいので、きっと快盗(ルパン家)にもおおいに関係する理由があるのは確かです。

国際警察フランス本部の技術者

↑良い表現が見つからなかったのですが、つまり身分は国際警察のコレクション研究者であり、ルパン家の人間ではないけれど繋がりがあり、ルパン家にコレクションを分けてもらったものを改造していたという説(?)。

国際警察で研究されていたコレクションはルパン家からもらっていたのではないかと思います。なので身内とかではないけれど、ノエル(フランス本部)とコグレが繋がっていた、と。

なぜ日本に来たのか?

花の都パリから来日する描写がされていたノエル。今まではフランスにいたようです。おそらく快盗と警察の間の潤滑油的な役割になるために来日したのかなと思います。

平和(ギャングラー撲滅)のためには快盗と警察が協力することが必須なのではないでしょうか。だからノエルのように「仲を取り持つ存在」が必要になるのです。協力しないと(物理的に、戦力的に)ギャングラーを倒せないのかもしれないし、上層部が繋がっているのかもしれません。

ノエルは国際警察フランス本部の潜入捜査官というけれど・・・組織に属しているのだから、上司もいて、その上司の指示で動いているのだと思っているけど、ノエルがコレクションの研究者で、コレクションを改造できる人物となると、ノエル自身が上層部の人間なのでは?とも思います。

スポンサーリンク

ノエルの情報源は?

20話の時点で、ノエルは快盗・警察が知らない情報をかなり知っています。少なくとも

  • ギャングラーにはステイタスがあり、ランクによって「ダブル」や「ゴールド」がある
  • 怪盗の正体が魁利、透真、初美花であり、アジトがジュレである

などの情報を知っていましたが、これらの情報はどこから入手したのか・・・フランス本部は支部には伝えない極秘情報として調査済みなのか、他の入手経路があるのか・・・

ルパパトの世界の情報屋といえばザミーゴ・デルマですが、そこと繋がっているのでは?とうのはさすがに飛躍しすぎか・・・

フランス本部の上層部の話って出てくるのかなあ・・・。かなり重要だと思うんだけど。快盗も警察もよく知っていて、なおかつ協力関係になるように仕向けたい人物って「警察上層部と快盗を結成させた人物は同一説」か「警察上層部と快盗を結成させた人物に繋がりがある説」が成り立たないと存在できないのでは?

まあ今までの考察でいうと、フランス本部の上層部も快盗を結成させた人物=ルパン家の末裔もノエルってことになっちゃうんだけど!それだと筋が一応通るけど、どうなんだろう・・・

しかしいつかは問題になるであろう「快盗を結成させた人物は誰?」は、どうしてもドグラニオ説を捨てきれない自分がいます。というよりもドグラニオとコグレって繋がってるのかな・・・と。でもそうすると上記の話が崩壊してしまう(ノエルの上司がドグラニオということになってしまうw)。そもそもコグレとギャングラーは繋がりなんてないようにも思うけど、なんであんなに思わせぶりな感じなんでしょう、コグレって。

Xチェンジャーの入手経路

ノエルはXチェンジャーという変身アイテムを使います。Xチェンジャーも専用武器のXロッドソードも、ノエルはどこで入手したのでしょうか?

これは!今までは「警察はVSチェンジャーなどをどこで入手したんだ!?」という謎がありましたが、20話で判明しました。なんと高尾ノエルが研究者としてコレクションを改造して人間が使えるようにしていたのです。

オーララー・・・こんな展開になるとは思っていなかった。まさか技術者が、異国の現場に来るなんて。

コレクションを改造できる人物が現代にもいたんですね。デストラが言っていた「人間が使えるようにコレクションに手を加えた奴がいる」というのはノエルのことだったのか~

やっぱりルパン家の人間だからかなぁ・・・コレクション改造の能力を買われて国際警察フランス本部に勤務しているのか、国際警察に勤務しているからコレクションが改造できるようになったのか・・・

ギャングラーとの繋がりはある?

ない。なぜならドグラニオはノエルの存在を「面白い奴が出てきた」と。つまり知らなかったということですからね。裏切り要員じゃなくてよかった!←

潜入捜査官!?

20話でノエルは「国際警察フランス本部潜入捜査官」と紹介されています。また、ノエルの国際警察のジャケット背面に「UNDERCOVER OFFICERS」と記してあるそうで、これは「潜入(覆面)捜査官」という意味です。(ちなみにパトレンジャー3人のジャケットには「TACTICAL UNIT」とあり、戦術部隊という意味です)

つまりノエルは潜入捜査をするために来日した・・・?覆面捜査って何だろう。背面に堂々と書いてあるから隠す気はないし、ジャケットは支給品だろうからそういうデザインなんだろうけど。

潜入捜査官というのはノエルが元々いた部署の身分なだけで、あまり深く考えるところではないのかなと思ったのですが、東映のTOPICS内で、

国際警察も本部直属の潜入捜査官の出現に大混乱。背中で潜入してると言い切る思い切りの良さ、果たして「何」に潜入しているのでしょうね。こちらは圭一郎やヒルトップ、もしかしたら梁上審議官でも手を出せない、アンタッチャブルな存在なのかもしれません。

公式サイトより引用

との記述が!?公式がこれだけ煽ってくるとなると、潜入捜査官というのは、思っている以上に重要な設定なのかもしれないです。快盗へのスパイなんていう生易しい話ではないのでは・・・

「一緒に戦ってくれるかな?」

21話の予告でノエルが「一緒に戦ってくれるかな?」と言うそうで。誰に向けてのセリフかはさておき、快盗と警察の共闘の提案ということでよろしいのかな?

2018/7/1:追記
21話で「一緒に戦ってくれるかな?」なんて台詞なかったよね!?そもそも「快盗を利用して、警察からの疑いを晴らす」話であって、共闘を提案できるような内容の回ではなかった・・・

コグレを信用していないのはなぜか

22話にてノエルとコグレの密会シーンがありました。これによると、お互いのことを信用していないようです。

かつては同じルパン家に仕える仲間だったはずですが・・・2人の言動を見ると、昔から疑い合っていたのかなと思います。

(おまけ)蒸気機関車を運転する姿に感動・・・

ノエルを演じる元木聖也さんは2018年3月まで「おとうさんといっしょ」という教育番組に出演していました。「体を動かして遊ぶことが大好きなお兄さん」のせいやくんは、レオレオ鉄道の運転士(だけど運転する車両はない)という役でした。

3月に番組を卒業すると発表されたときは「卒業」ではなく「転勤」という表現だったのですが、今回ルパパトに出演するにあたって、最初のシーンで立派な蒸気機関車を運転していて、

転勤って・・・そんな立派な運転士になったの!?となんだか目頭が熱くなってしまいました!そこは泣き所か!?と思うし蒸気機関車もたまたまだと思うのですが、不思議な運命を感じずにはいられない・・・。結局はおといつのせいやくんもずっと好きです!←

まとめ:敵なの?味方なの?

結局、高尾ノエルは敵なのか味方なのか・・・。彼を演じる元木聖也さんは、高尾ノエルについてこのように言っています。

「ルパンレンジャー側とパトレンジャー側を行き来するノエルは最初とても謎の多い人物に見えると思いますが、実はいろいろなことを知っている上で『すべてをいい方向にしよう』と考えて動いている人。目線ひとつにもいろいろな意味を持っているので、そこを意識していきたいと考えています。特に温水洋一さん演じるコグレさんには『何か裏で企んでいるのかな』と感じるような顔を見せているので、注目していただきたいですね」

テレ朝POSTより引用

「いい方向にしようと考えて動いている」と明言されることの安心感・・・!なぜ快盗と警察の両方の味方をするんだ?国際警察の人間なのに?と謎の多い人物ですが、平和のために活動しているという信念があるようで安心!

また「いろいろなことを知っている」というのも気になる。知っているがゆえの行動・・・今後は彼の一挙手一投足に注目しましょう。

結論ですが、高尾ノエルは味方で間違いないです。まあ追加戦士というくらいなので、仲間でないわけはないんですけど!裏切り要員なんてものでもなく、純粋に味方であり仲間だと思います。

今後の活躍&正体明かしが楽しみすぎる・・・はやく1週間過ぎ去って・・・・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)